2 つのソリッドの交差部分を残して切り取りたい

メニューバーの「オブジェクト」>「論理演算」>「交差」を左クリックで選択します。 1 つ目のソリッドを左クリックで選択します。 2 つ目のソリッドを左クリックで選択します。 2 つのソリッドの交差部分を残して、ソリッドが …

ソリッドを結合したい

結合したいソリッドを右クリックで選択します。 表示されるオプションから「論理演算」>「ソリッドへ追加」を左クリックで選択します。 結合されるソリッドを左クリックで選択します。 ソリッドが結合されました。

ソリッドの挿入点の位置のみを簡単に変更したい

メニューバーの「編集」>「ソリッドの軸の永続的変更」を左クリックで選択します。 挿入点の位置を変更したいソリッドを左クリックで選択します。 ソリッドの挿入点の現在の位置が表示されます。 挿入点の新しい位置を左クリックで指 …

論理演算機能の切り取り機能を使用して、ソリッドを切り取りたい

切り取りツールとして使用するソリッドを右クリックで選択します。 表示されるオプションから「論理演算」>「ソリッドから切り取り、切り取りソリッドの削除」を左クリックで選択します。 切り取りたいソリッドを左クリックで選択しま …

ソリッドの挿入軸のXYZ軸方向を世界座標のXYZ軸に合わせソリッドの傾きを変えたい

この例では、下図の赤枠内のように 3D 描画画面左下に表示される世界座標の XYZ 軸にソリッドの挿入軸の XYZ 軸方向を合わせる方法を紹介します。 まず、ソリッドを右クリックで選択し、オプションから「平行移動、回転」 …

ソリッドの一部を切り取りたい – 押出ソリッドによる切り取り

メニューバーにある「オブジェクト」>「一般的な論理演算」>「押出ソリッドによる切り取り」を左クリックで選択します。 切り取りたいソリッドを左クリックで選択します。 オプションから「ソリッド上の選択したスケッチ平面」を左ク …

ソリッドの一部を切り取りたい – 箱形ソリッドによる切り取り

メニューバーにある「オブジェクト」>「一般的な論理演算」>「箱形ソリッドによる切り取り」を左クリックで選択します。 切り取りたいソリッドを左クリックで選択します。 「除去体積」ウィンドウで、切り取りツールとなる箱型ソリッ …

ソリッドを断面表示したい – スケッチで断面切り取りツールを作成

メニューバーの「ツール」>「3D 断面の管理」を左クリックで選択します。 「3D 断面の管理」ウィンドウで「断面を新規作成」を左クリックします。 「断面を新規作成」ウィンドウで、「新しい断面の名前」欄に任意の名前を入力し …

ソリッドの表面のパッチごとに色を設定したい – VariCAD 2022 新機能

メニューバーの「ツール」>「ソリッド、ワイヤー表示、ねじの色」を左クリックで選択します。 「ソリッドの色」ウィンドウで、「材料または個別のバッチに従った色の設定」欄にある、「個別に定義したパッチの色」を左クリックで選択し …

3Dビューを保存し、保存した 3Dビューを一覧から呼び出したい – VariCAD 2022 新機能

「現在のビューの保存」アイコンを左クリックします。 「事前定義のビューの保存」ウィンドウで、リストより保存先を左クリックで選択します。本例では「ビューの保存 1」を選択します。 確認ウィンドウが表示されますので「はい」を …

結合したソリッドを異なる色で表示したい

本例では、下図のような2つのソリッドに色をそれぞれ設定した後、結合しても異なる色で表示するように設定します。 まず、結合するソリッドにそれぞれ色を設定します。1つ目のソリッドを右クリックで選択し、表示されるオプションから …

3Dビューの編集に合わせて溶接記号/公差記号の位置を自動で更新したい -VariCAD 2022 新機能

本例では、溶接記号の場合でご説明します。公差記号も同様の手順となります。 メニューバーの「オブジェクト」>「3D ビューから 2D 図面を作成」を左クリックで選択します。 「3D ビューから 2D 図面を作成」ウィンドウ …

パラメータを使用して、ソリッドの高さが常に横の長さの2倍になるように設定したい

まず、パラメータの設定を行います。メニューバーの「編集」>「パラメータ」を左クリックで選択します。 「パラメータ」ウィンドウで、「新しいパラメータ」を左クリックします。 「パラメータ」のサブウィンドウが開きます。「パラメ …

スパイラルカーブのソリッドを作成したい

メニューバーの「オブジェクト」>「2Dプロファイルからソリッド作成」>「2平面間の回転とロフト」を左クリックで選択します。 「空間 XY 軸によるスケッチ平面」を左クリックで選択します。 メニューバーの「表示」>「ビュー …

2つのソリッド間に一定距離の拘束を作成したい

本例では、下図のような 2 つのソリッド間で一定の距離の拘束を作成します。 1つ目のソリッドを左クリックで選択し、右クリックします。表示されるオプションから、「ソリッド拘束」を左クリックで選択します。 X軸(赤色の軸) …

四角錐(トップ平面が1点のソリッド)を作成したい

メニューバーの「オブジェクト」>「2D プロファイルからソリッド作成」>「複数のプロファイルのロフト」を左クリックで選択します。 「空間 XY 軸によるスケッチ平面」を左クリックで選択します。 メニューバーの「表示」>「 …

押出機能で、抜き勾配をつけたソリッドを作成したい

本例では抜き勾配がついた箱型ソリッドを作成します。 メニューバーの「オブジェクト」>「2D プロファイルからソリッド作成」>「押出」を左クリックで選択します。 「スケッチ平面の定義」ウィンドウで、スケッチ平面を選択します …

ソリッドの挿入ポイントの XYZ 座標を指定して ソリッドを移動したい

ソリッドを右クリックで選択し、表示されるオプションから、「平行移動、回転」を左クリックで選択します。 「3D の位置」ツールバー内の「XYZ」アイコンを左クリックします。 「絶対座標」ウィンドウで、「X座標」、「Y座標」 …

複数の切り取りソリッドを選択してソリッドを切り取りたい

切り取りに使用するソリッドを左クリックで選択します。 右クリックでオプションを表示させ、「論理演算」>「選択するソリッドから切り取り」を左クリックで選択します。 切り取られるソリッドを左クリックで選択します。 ソリッドが …

基本ソリッド作成機能を使用して作成した箱型ソリッドの高さを変更したい

箱型ソリッドを右クリックで選択し、オプションから「形状の編集」を左クリックで選択します。 寸法が表示されますので、変更したい寸法の値を左クリックします。 「ソリッドの寸法」ウィンドウで「寸法」欄に新しい値を入力し、「矢印 …

押出機能で作成したソリッドの押出の高さを変更したい

ソリッドを右クリックで選択し、表示されるオプションから「形状の編集」を左クリックで選択します。 「2D プロファイルの編集」ツールバーで「OK」を左クリックします。 「押出」ウィンドウの「ソリッドの高さ」入力欄にソリッド …

部分回転で、回転角度を指定してソリッドを作成したい

2D 描画画面で、「部分回転」アイコンを左クリックで選択します。 「回転」ウィンドウで、「回転角度」入力欄に任意の角度の値を入力し、「回転するプロファイルを選択」を左クリックします。 回転するプロファイルを選択し、右クリ …

ソリッドのフィレットの半径を変更したい

半径を変更したいフィレット部分にCtrl キーを押しながらマウスカーソルを置くとフィレット部分のみ選択できる状態になります。 左クリックでフィレット部分を選択します。 右クリックで表示されるオプションから、「形状の編集」 …

他のソリッドの挿入点の XYZ 軸方向にソリッドの挿入点のXYZ 軸方向を合わせ、傾きを変えたい

本例では、左側にあるソリッドの挿入点の XYZ 軸方向に合わせて、右側にあるソリッドの挿入点の XYZ 軸方向を回転させ、ソリッドの傾きを変更します。下図は、傾きを変更する前の右側のソリッドの挿入点の XYZ 軸方向です …

2 つのソリッドの平面の向きを揃えたい

本例では、右側にある青色のソリッドの赤枠の面を、左側にある緑色のソリッドの赤枠の面の向きに揃えます(下図参照)。 青色のソリッドを右クリックで選択し、表示されるオプションより「平行移動、回転」を左クリックで選択します。 …

新規挿入するソリッドの挿入軸のXYZ 軸の向きを、常に世界座標軸の向きと同じにして挿入したい

メニューバー内の「ツール」>「システム設定」を左クリックで選択します。 「システム設定」ウィンドウ内で、左側のツリー項目から「ソリッドの位置設定」を左クリックで選択します。 右側に表示される「新しいソリッドを前の挿入位置 …

ソリッドモデルの外側にシェルを作成したい

メニューバー内の「オブジェクト」>「総合図形」>「シェル」を左クリックで選択します。 シェル化するソリッドの表面を左クリックで選択します。 「表面のオフセット」ツールバーにある「OK」アイコンを左クリックします。 「厚さ …