オブジェクトをカーソル位置に最も近いグリッドの点へ移動したい

まず、カーソルの移動増分値の設定を行います。メニューバーの「ツール」>「一時作図補助線、ステップモード」>「カーソル移動増分設定」を左クリックで選択します。 「カーソル増分、座標表示」ウィンドウで、本例では、「0.5㎜増 …

寸法の寸法文字列を中央揃えにしたい

メニューバーの「編集」>「寸法および文字列」>「寸法の編集」を左クリックで選択します。 寸法オブジェクトを左クリックで選択します。 「スナップ、ポップアップ」ツールバーの「寸法の形状、同じ高さ/平行の寸法」アイコンを左ク …

データム記号を作成して図面に挿入したい

メニューバーの「部品」>「公差記号」を左クリックで選択します。 「公差記号」ウィンドウの「データム記号」オプションにチェックを入れ、「データム記号」入力欄に値を入力します。「再描画」を左クリックします。 「記号」欄に記号 …

幾何公差記号を作成して図面に挿入したい

メニューバーの「部品」>「公差記号」を左クリックで選択します。 「公差記号」ウィンドウで、「公差の値」入力欄にカーソルを置きます。「記号」欄の右側の一覧から、挿入したい幾何公差記号を左クリックで選択します。 「第1データ …

ソリッドの表面のパッチごとに色を設定したい – VariCAD 2022 新機能

メニューバーの「ツール」>「ソリッド、ワイヤー表示、ねじの色」を左クリックで選択します。 「ソリッドの色」ウィンドウで、「材料または個別のバッチに従った色の設定」欄にある、「個別に定義したパッチの色」を左クリックで選択し …

板金の展開で出力する展開図の外形線の色を設定したい – VariCAD 2022 新機能

メニューバーの「オブジェクト」>「表面の展開」を左クリックで選択します。 「表面の展開」ウィンドウで、「平面化された板金の2D 外形線」欄の「線の属性」を左クリックします。 「レイヤー」ウィンドウの「色の設定」を左クリッ …

3D ビューを保存し、保存した 3D ビューを一覧から呼び出したい – VariCAD 2022 新機能

「現在のビューの保存」アイコンを左クリックします。 「事前定義のビューの保存」ウィンドウで、リストより保存先を左クリックで選択します。本例では「ビューの保存 1」を選択します。 確認ウィンドウが表示されますので「はい」を …

3Dビューから書き出した2D 図面の書き出し範囲を変更したい – VariCAD 2022 新機能

本例では、クリップ領域を使用して 3D ビューから書き出した2D 図面の書き出し範囲を変更する方法を説明します。3D ビューの範囲を指定して 2D 図面へ書き出す方法はご覧ください。 3Dビューから書き出した下図のような …

90 度までの余角寸法を挿入したい – VariCAD 2022 新機能

メニューバーの「オブジェクト」>「描画」>「単一寸法」>「角度」を左クリックで選択します。 角度を測定したい線分の1つ目の線分を左クリックで選択します。 「選択」ツールバーにある「90度までの余角」アイコンを左クリックし …

3D ビューから 2D へ書き出すソリッドを変更したい – VariCAD 2022 新機能

2D 描画画面の何もない場所で、右クリックし、表示されるオプションから「2D領域に書き出す 3D ビュー」>「すべての書き出し(3D からの 2D の作成)の管理」を左クリックで選択します。 「ビューの書き出しの管理」ウ …

結合したソリッドを異なる色で表示したい

本例では、下図のような2つのソリッドに色をそれぞれ設定した後、結合しても異なる色で表示するように設定します。 まず、結合するソリッドにそれぞれ色を設定します。1つ目のソリッドを右クリックで選択し、表示されるオプションから …

3Dビューの編集に合わせて溶接記号/公差記号の位置を自動で更新したい -VariCAD 2022 新機能

本例では、溶接記号の場合でご説明します。公差記号も同様の手順となります。 メニューバーの「オブジェクト」>「3D ビューから 2D 図面を作成」を左クリックで選択します。 「3D ビューから 2D 図面を作成」ウィンドウ …

3D ビューの範囲を指定して、2D へ書き出したい

メニューバーの「オブジェクト」>「3Dビューから2D図面を作成」を左クリックで選択します。 「3Dビューから2D図面を作成」ウィンドウで、「現在のビューから 2D 図面を作成する」、「すべてのソリッドから 2D 図面を作 …

図面上にある溶接記号/公差記号を一括選択して、削除したい – VariCAD 2022 新機能

VariCAD 2022 では、「オブジェクトの種類による選択」の「寸法、引き出し線」オブジェクトにサブ項目を追加し、溶接記号のみを選択したり公差記号のみを選択できるようになりました。本例では、図面上の溶接記号のみを一括 …

既存の溶接記号や公差記号の内容と位置を編集したい – VariCAD 2022 新機能

溶接記号や公差記号の内容と位置を後で編集できるようにするには、溶接記号や公差記号を寸法オブジェクトとして作成する必要があります。本例では、まず、溶接記号を寸法オブジェクトとして作成する手順を紹介します。 メニューバーの「 …

パラメータを使用して、ソリッドの高さが常に横の長さの2倍になるように設定したい

まず、パラメータの設定を行います。メニューバーの「編集」>「パラメータ」を左クリックで選択します。 「パラメータ」ウィンドウで、「新しいパラメータ」を左クリックします。 「パラメータ」のサブウィンドウが開きます。「パラメ …

線分を連続線(ポリライン)で描きたい

メニューバーの「オブジェクト」>「描画」>「線」>「線」を左クリックで選択します。 「選択」ツールバーの「すべての線分でポリライン作成」アイコンを左クリックします。 下図のように線を描くと、すべての線分が一つのオブジェク …

簡単に円の半径の数値を変更して、大きさを変えたい

円を右クリックで選択します。 表示されるオプションから「半径を変更」を左クリックで選択します。 「円または円弧の半径」ウィンドウで、「新しい半径」入力欄に現在の半径の値が入力されているので、新しい半径の値を入力し直し、「 …

スパイラルカーブのソリッドを作成したい

メニューバーの「オブジェクト」>「2Dプロファイルからソリッド作成」>「2平面間の回転とロフト」を左クリックで選択します。 「空間 XY 軸によるスケッチ平面」を左クリックで選択します。 メニューバーの「表示」>「ビュー …

XY 座標の値が入力されたテキストファイルを読み込んで 2D オブジェクトを作成したい

下図のように XY 座標が入ったテキストファイルを予め用意します。 メニューバーの「オブジェクト」>「描画」>「ファイルからの XY 座標で 2D オブジェクトを作成」を左クリックで選択します。 「ファイルからの XY …

社内の複数の PC にインストールされているVariCADで、共通のツールバーや画面サイズ、色などの設定を使用したい

本例では、PC 1 に設定されている設定を、PC 2 に取り込む手順を説明します。 PC 1 にて、メニューバーの「ツール」>「すべての設定のバックアップ/復元」>「すべての設定のバックアップ作成」を左クリックで選択しま …

図面内の寸法を一括で現在の寸法スタイルの設定に変更したい

メニューバーの「編集」>「寸法および文字列」>「選択した寸法のスタイル編集」を左クリックで選択します。 表示されるオプションから「現在の属性を使用」を左クリックで選択します。 「寸法と引き出し線のスタイル設定」ウィンドウ …

2つのソリッド間に一定距離の拘束を作成したい

本例では、下図のような 2 つのソリッド間で一定の距離の拘束を作成します。 1つ目のソリッドを左クリックで選択し、右クリックします。表示されるオプションから、「ソリッド拘束」を左クリックで選択します。 X軸(赤色の軸) …

2D オブジェクトの重心位置に作図線を挿入したい

本例では、下図のような三角形のオブジェクトの重心位置に作図線を挿入します。 メニューバーの「オブジェクト」>「計算」>「2D 面積」を左クリックで選択します。 選択窓を使用して、左マウスボタンを押しながらマウスをドラッグ …

テキストファイル(.txt)から文字列を読み込んで図面に挿入したい

本例では、テキストファイルから文字列を読み込んで、図面に挿入する方法を説明します。使用するテキストファイルは、文字化けを防ぐ為、下図のように、UTF-8(BOM 付き)の文字コードの形式で保存したファイルを使用してくださ …

3D ビューから書き出した断面図の断面部分にハッチングをかけたい

本例では、3D ビューから書き出した断面図の断面部分にハッチングをかける方法を説明しています。3D 断面図の作成方法は断面図を作成したいをご覧ください。 メニューバーにある「オブジェクト」>「描画」>「ハッチ処理」>「ハ …

ソリッドの断面部分の色を変更したい

本例では、ソリッドの断面部分の色を変更する方法を説明します。断面を作成する手順は、ソリッドを断面表示したい – 既存の断面切り取りツールを使用または、ソリッドを断面表示したい – スケッチで断面切り取りツールを作成をご覧 …

寸法の文字列の位置を常に中央揃えにしたい

メニューバーの「ツール」>「寸法と引き出し線のスタイル設定」を左クリックで選択します。 「寸法と引き出し線のスタイル設定」ウィンドウ左側にあるツリー項目から「形状設定」を左クリックで選択します。 「寸法と引き出し線のスタ …

コーナー部分の線分をトリムせずに面取りしたい

メニューバーの「編集」>「オブジェクトの形状の編集」>「面取り」を左クリックで選択します。 1 つ目の線分を左クリックで選択します。 2 つ目の線分を左クリックで選択します。 「面取りの距離」ウィンドウで、面取り距離を同 …

コーナー部分の線分をトリムせずにフィレットを作成したい

メニューバーの「編集」>「オブジェクトの形状の編集」>「フィレット」を左クリックで選択します。 1 つ目の線分を左クリックで選択します。 2 つ目の線分を左クリックで選択します。 「フィレット半径」ウィンドウで、「フィレ …

他の寸法文字列の属性をコピーして寸法文字列のスタイルを変更したい

メニューバーの「編集」>「寸法および文字列」>「選択した寸法のスタイル編集」を左クリックで選択します。 表示されるオプションから「選択した寸法または引き出し線から属性をコピー」を左クリックで選択します。 寸法文字列のスタ …

文字列オブジェクトに使用するレイヤーを新規作成し、文字列オブジェクト作成のコマンドを割り当てたい

2D 描画画面左下にあるコマンド入力欄に lay と入力し、Enter キーを押します。 「レイヤー管理」ウィンドウで、「新規レイヤー」を左クリックします。 「レイヤー設定」ウィンドウで、「レイヤー名」入力欄に、文字列オ …

新規作成したレイヤーを既存のファイルのオブジェクトに使用したい

2D 描画画面左下にあるコマンド入力欄に lay と入力し、Enter キーを押します。 「レイヤー管理」ウィンドウで、「新規レイヤー」を左クリックします。 「レイヤー設定」ウィンドウで、「レイヤー名」入力欄に任意の名前 …

他のオブジェクトの傾きに合わせて、オブジェクトを回転させたい

回転したいオブジェクトを右クリックで選択します。本例では下図の右側のオブジェクトです。 表示されるオプションから「回転」を左クリックで選択します。 回転の中心となる位置で左クリックします。 「回転」ウィンドウで、「回転角 …

閉じていない 2Dオブジェクトの面積を求めたい

メニューバーの「オブジェクト」>「計算」>「2D 面積」を左クリックで選択します。 「選択」ツールバーの「仮線分の閉鎖領域」アイコンを左クリックします。 表示されるオプションより「仮線を作成」を左クリックで選択します。 …