ソリッドを断面表示したい – スケッチで断面切り取りツールを作成

  1. メニューバー内の「ツール」>「3D 断面の管理」を左クリックで選択します。
    3D断面の管理
  2. 「3D 断面の管理」ウィンドウで「断面を新規作成」を左クリックします。
  3. 「断面を新規作成」ウィンドウで、「新しい断面の名前」欄に任意の名前を入力し、「新しい断面を作成」を左クリックします。
    断面を新規作成
  4. 「3D 断面の管理」ウィンドウのリストに、作成した断面が表示されるので、右クリックで選択し、表示されるオプションから「ソリッドを追加/削除」を左クリックで選択します。
    ソリッドを追加
  5. 断面表示したいソリッドを左クリックで選択します。右クリックで選択を終了します。
    断面表示したいソリッドを選択
  6. 「3D 断面の管理」ウィンドウに戻り、リストから再度、断面を右クリックで選択し、表示されるオプションから「スケッチで、断面切り取りツール(平面)を作成」を左クリックで選択します。
    断面切り取りツールを作成
  7. 「ソリッド上の選択したスケッチ平面」を左クリックで選択します。
    ソリッド上の選択したスケッチ平面
  8. 断面表示したいソリッドの平面を左クリックで選択します。
    断面表示したいソリッドの平面を選択
  9. 断面切り取りツールを作成しやすいようにメニューバー内の「表示」>「ビューに対して垂直な面」を左クリックで選択し、ビューを変更します。
    ビューを変更
  10. 「長方形」アイコンを左クリックします。
    長方形描画
  11. 長方形の始点を左クリックで指定し、マウスをドラッグして、長方形を描きます。
  12. 左クリックで長方形の描画を決定します。
    長方形描画
  13. 「ソリッドプロファイル作成」ツールバーで、黒字の「OK」アイコンを左クリックします。
    ソリッドプロファイル作成
  14. 「押出」ウィンドウで、「ソリッドの高さ」欄に値を入力し、「押し出すプロファイルを選択」を左クリックします。
    押出
  15. 長方形オブジェクトを左クリックで選択します。右クリックで選択を終了します。
    押し出すソリッド選択
  16. 「3D 断面の管理」ウィンドウに戻り、リストから再度、断面を右クリックで選択します。
    断面を選択
  17. 表示されるオプションから「オン」を左クリックで選択します。
    断面オン
  18. 「キャンセル」を左クリックします。
    断面表示設定完了
  19. 断面表示になりました。
    断面表示完了