文字列オブジェクトに使用するレイヤーを新規作成し、文字列オブジェクト作成のコマンドを割り当てたい

  1. 2D 描画画面左下にあるコマンド入力欄に lay と入力し、Enter キーを押します。
  2. 「レイヤー管理」ウィンドウで、「新規レイヤー」を左クリックします。
  3. 「レイヤー設定」ウィンドウで、「レイヤー名」入力欄に、文字列オブジェクトに使用するレイヤーの任意の名前を入力します。本例では 文字列 と入力します。「レイヤーの色」一覧、「レイヤーの線種」一覧、「レイヤーの線の太さ」一覧からそれぞれ左クリックで選択し、「OK」を左クリックします。
    レイヤーのコマンド割り当て
  4. 「レイヤー管理」ウィンドウに戻り、「レイヤー自動変更」を左クリックします。
    レイヤーのコマンド割り当て
  5. 「レイヤー自動切り替え設定」ウィンドウで、「コマンドにレイヤーを割り当て」を左クリックします。
    レイヤーのコマンド割り当て
  6. 別の「レイヤー自動切り替え設定」ウィンドウが開きます。ウィンドウ左側にある項目より、「2D テキストの作成」を左クリックで選択します。
    レイヤーのコマンド割り当て
  7. ウィンドウ右側の「コマンドの選択」欄で note (マルチテキスト)を左クリックで選択し、右クリックします。
    レイヤーのコマンド割り当て
  8. 「レイヤー」ウィンドウが開きます。一覧より、「文字列」レイヤーを左クリックで選択します。
    レイヤーのコマンド割り当て
  9. 「レイヤー自動切り替え設定」ウィンドウに戻り、note (マルチテキスト)のレイヤー設定が「文字列」レイヤーに変更されているのを確認し、「OK」を左クリックします。
    レイヤーのコマンド割り当て
  10. 最初の「レイヤー自動切り替え設定」ウィンドウに戻り、「2D レイヤーの自動切り替え」オプションで、「オン」にチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
    レイヤーのコマンド割り当て
  11. 「レイヤー管理」ウィンドウで「すべての新規文書に変更を使用する」オプションにチェックを入れ、「OK」を左クリックします。これで、コマンド note (マルチテキスト)に文字列レイヤーが割り当てられました。
    レイヤーのコマンド割り当て
  12. 2D 描画画面左下にあるコマンド入力欄に note と入力し、Enter キーを押します。
  13. 「文字列の入力」ウィンドウで、「テキスト書込み」欄に任意のテキストを入力し、「OK」を左クリックします。
    レイヤーのコマンド割り当て
  14. 文字列オブジェクトを描画画面に挿入すると、「文字列」レイヤーで文字列オブジェクトが挿入されました。
    レイヤーのコマンド割り当て