累進寸法を記入したい

    この例では、横の累進寸法を記入する方法をご説明します。
  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「複数の寸法」>「横の累進寸法」を左クリックで選択します。
    横の累進寸法
  2. 寸法の起点の位置で左クリックします。
    寸法の起点指定
  3. 1 つ目の寸法の終点位置で左クリックします。
    寸法の終点指定
  4. マウスカーソルを動かし、寸法を仮配置し、左クリックで配置決定します。
    寸法の配置
  5. 2つ目の寸法の終点位置で左クリックします。
    寸法の終点指定
  6. マウスカーソルを動かし、寸法を仮配置し、左クリックで配置決定します。
    寸法の配置
  7. 3つ目の寸法の終点位置で左クリックします。
    寸法の終点指定
  8. マウスカーソルを動かし、寸法を仮配置し、左クリックで配置決定します。
    寸法の配置
  9. Esc キーを押して終了します。累進寸法が記入できました。
    横の累進寸法の記入完了

ソリッドに属性を設定したい

  1. 属性を設定したいソリッドを右クリックで選択します。
    ソリッド属性設定
  2. 表示されるオプションから「ソリッドの名前と属性」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性設定
  3. 下図のウィンドウが表示された場合は、「このまま続ける、BOMマスクを後で設定する」を左クリックします。
    ソリッド属性設定
  4. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「名前」の行を右クリックし、「属性値を定義」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性名前設定
  5. 名前を入力するウィンドウが表示されますので、「名前」欄に任意の名前を入力し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性名前設定
  6. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「数量」の行を右クリックし、「属性値を定義」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性数量設定
  7. 数量を入力するウィンドウが表示されますので、「数量」欄に数量を入力し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性数量設定
  8. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「製造」の行を右クリックし、「属性値を定義」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性製造設定
  9. 製造品か購入品かを選択するウィンドウが表示されますので、左クリックでチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性製造設定
  10. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「材料」の行を右クリックし、「属性値を定義」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性材料設定
  11. 「材料の定義」ウィンドウ内の「材料名」欄横にある三角ボタンを左クリックし、「材料のリストからデータをコピー」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性材料設定
  12. 「材料リスト」欄から左クリックで材料を選択します。「すべてのデータを入力する材料を定義」を左クリックします。
    ソリッド属性材料設定
  13. 「材料の定義」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性材料設定
  14. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「重量」の行を左クリックします。確認ウィンドウが表示されますので、「はい」を左クリックします。
    ソリッド属性重量設定
  15. 「質量の定義」ウィンドウに計算結果が表示されるので、表示単位を左クリックで選択し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性重量設定
  16. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「日付」の行を右クリックし、「日付の定義」ウィンドウで日付を左クリックで選択し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性日付設定
  17. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「表面」の行を左クリックします。確認ウィンドウが表示されますので、「はい」をクリックします。
    ソリッド属性表面積設定
  18. 「表面」ウィンドウに計算結果が表示されるので、表示単位を左クリックで選択し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性表面積設定
  19. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「図面ファイル名」の行を左クリックします。「属性ファイルの定義」ウィンドウが表示されますので、「現在のファイル名を使用」を左クリックします。
    ソリッド属性図面ファイル名設定
  20. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「図面NO.」の行を左クリックします。図面NO を入力するウィンドウが表示されますので、「図面NO.」欄に任意の値を入力し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性図面No設定
  21. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「縮尺」の行を左クリックします。縮尺を入力するウィンドウが表示されますので、「2D図面の縮尺を取得」を左クリックします。
    ソリッド属性縮尺設定
  22. 「縮尺」欄に値が自動で入力されますので、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性縮尺設定
  23. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「図面形式」の行を左クリックします。図面形式を入力するウィンドウが表示されますので、「2D図面形式を取得」を左クリックします。
    ソリッド属性図面形式設定
  24. 「図面形式」欄に値が自動で入力されますので、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性図面形式設定
  25. ソリッドの属性値の入力が完了後、「OK」を左クリックし、設定を終了します。
    ソリッド属性設定完了

3D 組立部品のビューから書き出した 2D 図面に部品番号を挿入したい

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「属性および BOM」>「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」を左クリックで選択します。
    部品番号設定
  2. 「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」ウィンドウ内で「新しい属性」を左クリックします。
    部品番号設定
  3. 「属性の定義」ウィンドウ内でウィンドウ左側のツリー項目から「属性名」を左クリックで選択し、ウィンドウ右側で「属性名」欄に任意の名前を入力します。この例では「部品番号」と入力します。
    部品番号設定
  4. 「属性の定義」ウィンドウ内でウィンドウ左側のツリー項目から「タイプおよび値」を左クリックで選択し、ウィンドウ右側で属性のタイプから「アイテム番号」を左クリックで選択し、「OK」を左クリックします。
    部品番号設定
  5. 「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」ウィンドウに戻ります。属性項目一覧に「アイテム番号」が追加されているのを確認し、「OK」を左クリックします。
    アイテム番号設定
  6. メニューバー内の「オブジェクト」>「属性およびBOM」>「BOM作成、名称未定義の部品を含んだ完全なツリー」を左クリックで選択します。
    部品番号設定
  7. 「BOM(部品表)」ウィンドウ内で、「最も高いレベルのアイテム番号」を左クリックします。

    部品番号設定
  8. オプションから「すべてのアイテム番号を定義」を左クリックで選択します。
    部品番号設定
  9. 「アイテム番号」ウィンドウで「OK」を左クリックします。「BOM(部品表)」ウィンドウの一覧で表示されている昇順で部品に番号が自動で割り当てられます。
    部品番号設定
  10. 「OK」を左クリックします。
    部品番号設定
  11. 部品番号が各部品に設定されているか確認します。部品を右クリックで選択し、オプションから「ソリッドの名前と属性」を左クリックで選択します。
    部品番号設定
  12. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウで「部品番号」の「値」欄に数値(この例では 5 )が設定されているのが確認できます。「OK」を左クリックして、ウィンドウを閉じます。
    部品番号設定
  13. メニューバー内の「オブジェクト」>「3D ビューから 2D 図面を作成」を左クリックで選択します。
    部品番号設定
  14. 「3Dビューから 2D 図面を作成」ウィンドウで出力したいビューを選択し、「2D 図面を作成」を左クリックします。この例では、「現在のビューから 2D 図面を作成する」を選択しています。
    部品番号設定
  15. ビューが2D 描画画面に仮挿入されます。
    部品番号設定
  16. 左クリックで任意の位置に挿入します。
    部品番号設定
  17. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「単一寸法」>「引き出し線(アイテム番号)」を左クリックで選択します。
    部品番号設定
  18. 部品番号を挿入したい部品の線分上にカーソルを置き左クリックします。
    部品番号設定
  19. カーソルを動かし、任意の位置に引き出し線を配置し、左クリックで挿入します。
    部品番号設定
  20. Esc キーを押して終了します。
    部品番号設定

GPUとは

GPUとは、Graphics Processing Unit の略で、3Dグラフィックスを描画する際に、演算処理を行う半導体チップを示します。
グラフィックカード上に搭載されていますが、近年では Intel社の CPU にも Intel HD Graphics として搭載されています。

VariCAD は、オンボード GPU である、Intel HD Graphics でも動作いたしますが、本来の性能を発揮することはできません。

また、GeForce GTX や Radeon Pro などの一般的なグラフィックカードでも動作いたしますが、これらの GPU はゲーム用途に最適化されており、CAD 用途(OpenGL)には最適化されておりません。

VariCAD で 3DCADを快適にご利用いただくためには、OpenGL 4.3 以上に対応した VRAM 2GB 以上の NVIDIA Quadro または AMD Fire Pro のご利用を推奨いたします。

2D オブジェクトに風船番号を付けたい

  1. メニューバー内の「ツール」>「寸法と引き出し線のスタイル設定」を左クリックで選択します。
    寸法と引き出し線のスタイル設定
  2. 「寸法と引き出し線のスタイル設定」ウィンドウの左側にあるツリー項目から「引き出し線、文字列配置設定」を左クリックで選択し、右側にあるオプション「文字列を円の内側に配置する」にチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
    引き出し線と文字列配置設定
  3. 「引き出し線」アイコンを左クリックします。
  4. ※3D 空間でソリッドに部品番号を設定していない場合は、下記のメッセージウィンドウが表示されます。表示された場合は、「OK」を左クリックして操作を続けます。
    部品番号設定確認ウィンドウ

  5. 引き出し線の始点を左クリックで指定します。
    引き出し線の始点を指定
  6. マウスを動かし、任意の位置に引き出し線を配置します。左クリックで配置を決定します。
    引き出し線の配置
  7. Esc キーを押して終了します。風船番号を付けられました。
    風船番号作成完了

180 度より大きい角度寸法を記入したい

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「単一寸法」>「角度」を左クリックで選択します。
    角度寸法
  2. 角度寸法を定義する 1 つ目の線分を左クリックで選択します。
    角度寸法線分選択
  3. 「選択」ツールバー内の「角度 180 度以上」アイコンを左クリックします。
    角度180度以上
  4. 角度寸法を定義する 2 つ目の線分を左クリックで選択します。
    角度寸法線分選択
  5. 角度寸法が描ける状態になりますので、任意の位置に配置し、左クリックで配置を決定します。
    角度寸法配置
  6. Esc キーを押して作業を終了します。
    角度寸法作成完了

よく使うコマンドをショートカットキー登録したい

  1. この例では、箱型ソリッドの作成コマンドを「A + Shift + Alt キー」に登録します。まず、メニューバー内の「ツール」>「システム設定」を左クリックで選択します。
    ショートカットキーの設定
  2. 「システム設定」ウィンドウで、ウィンドウ左側にあるツリー項目から「ショートカットキー(アクセラレーター)」を左クリックで選択し、ウィンドウ右側にある「ショートカットキーの設定」を左クリックします。
    ショートカットキーの設定
  3. 「ショートカットキーの定義」ウィンドウで、「新しいショートカットキー」を左クリックします。
    新しいショートカットキー
  4. 「ショートカットキーの定義」ウィンドウで、「A-Z文字」を左クリックし「A 文字キー」を左クリックで選択します。
    ショートカットキーの定義
  5. 「Shift」 を左クリックします。
    ショートカットキーの定義
  6. 「Alt」を左クリックします。
    ショートカットキーの定義
  7. 「メニューからコマンドを選択」を左クリックします。
  8. 登録したいコマンドを選択します。この例では「箱型」アイコンを左クリックします。
    コマンドの選択
  9. 「ショートカットキーの定義」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    ショートカットキーの定義
  10. 登録したショートカットキーが追加されました。「OK」を左クリックします。
    追加されたショートカットキー
  11. 「システム設定」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    ショートカットキーの設定
  12. 設定を反映させる為に、VariCAD を一旦終了し、再起動します。キーボード上の Shift+ Alt キー を同時に押した状態で、A キーを押すと、箱型ソリッド作成ウィンドウが立ち上がります。
    ショートカットキーの設定完了

円周が任意の点を通る円を作図したい

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「円弧および円」>「円の 3 点」を左クリックで選択します。
    円の3点
  2. 1 つ目の点の位置を左クリックで指定します。
    円上の点の位置指定
  3. 2 つ目の点の位置を左クリックで指定します。
    円上の点の位置指定
  4. 3 つ目の点の位置を左クリックで指定します。

    円上の点の位置指定
  5. 円が作成されました。Esc キーを押して終了します。
    円の作成完了

3 つの円に接する円を作図したい

  1. メニューバー内にある「オブジェクト」>「描画」>「円弧および円」>「3つのオブジェクトに接する円」を左クリックで選択します。
    3つのオブジェクトに接する円
  2. 1 つ目の円を左クリックで選択します。
    円の選択
  3. 2 つ目の円を左クリックで選択します。
    円の選択
  4. 3 つ目の円を左クリックで選択します。
    円の選択
  5. 3 つの円に接する円が作成されました。Esc キーを押して終了します。
    3つの円に接する円の作成完了

新規ファイルの用紙サイズの初期設定を変更したい

  1. メニューバーの「ツール」>「新規ファイルの既定の属性設定」を左クリックで選択します。
    新規ファイルの既定の属性設定
  2. 「新しいファイルの既定パラメータの定義」ウィンドウ内の「2D フォーマットの選択」オプションで、初期設定に設定したい図面サイズを左クリックで選択します。「OK」を左クリックします。次回新規ファイル作成時から設定が適用されます。
    新しいファイルの既定パラメータの定義

ソリッドの大きさを 2 倍に拡大(縮尺変更)したい

  1. メニューバーの「編集」>「縮尺変更」を左クリックで選択します。
    縮尺変更
  2. ソリッドを左クリックで選択します。右クリックで選択を終了します。
    縮尺変更するソリッドの選択
  3. 縮尺変更の中心を左クリックで指定します。
    縮尺変更の中心を指定
  4. 「縮尺変更」ウィンドウの「縮尺値」欄に倍数の 2 を入力します。90 % など縮小する場合は、0.9 などの小数値を入力します。「OK」 を左クリックします。
    縮尺値入力
  5. ソリッドの大きさが 2 倍に拡大されました。
    ソリッドの大きさが2倍に拡大

オリジナルのタイトルブロック(表題欄)を挿入したい

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「属性およびタイトル・ブロック」 >「タイトル・ブロックの入力、属性の定義」を左クリックで選択します。
    タイトルブロックの入力と属性の定義
  2. 「属性の編集、タイトル・ブロックの入力」ウィンドウ内の「タイトル・ブロックを挿入」を左クリックします。
    タイトルブロックの挿入
  3. 挿入するタイトルブロックを左クリックで選択します。
    タイトルブロックの挿入
  4. 「属性の編集、タイトル・ブロックの入力」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    タイトルブロックの入力
  5. タイトルブロックが挿入されました。
    タイトルブロックの挿入完了タイトルブロックの挿入完了

オリジナルのタイトルブロック(表題欄)を登録したい

  1. 2D 描画画面で下図の様なタイトルブロックを描画します。
    タイトルブロック
  2. メニューバー内の「オブジェクト」>「属性およびタイトル・ブロック」>「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」を左クリックで選択します。
    タイトルブロックの設定
  3. 「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」ウィンドウ内の「タイトル・ブロック」を左クリックします。
    タイトルブロック
  4. 「タイトル・ブロックの設定」ウィンドウ内の「新しいタイトル・ブロック」を左クリックします。
    新しいタイトルブロック
  5. 「タイトル・ブロック」ウィンドウ内で「タイトル・ブロック名」欄に任意の名前を入力し、「2Dオブジェクトからタイトル・ブロックを選択」を左クリックします。
    タイトルブロックの名前入力
  6. 手順1 で用意したタイトルブロックの右下の位置で左クリックしてタイトルブロックの挿入点を選択します。
    タイトルブロックの挿入点
  7. 選択窓を使用して、タイトルブロックを選択します。右クリックで選択を終了します。
    タイトルブロックの選択
  8. 「タイトル・ブロックを保存します」ウィンドウ内で、「ファイル名」欄に任意の名前を入力し、「保存」を左クリックします。これでタイトルブロックのファイルが新規作成されます。
    タイトルブロックの保存
  9. 次に、手順 1 で用意したタイトルブロックを挿入する対象のファイル(組立部品ファイルか部品ファイル)を選択します。組立部品ファイルに対してのみ挿入可能にする場合は、「部品に対し設定する」オプションのチェックを外します。部品ファイルに対してのみ挿入可能にする場合は、「組立部品に対し設定する」オプションのチェックを外します。次にタイトルブロックの挿入位置を設定します。この例では、描画領域の右下の角の点からX軸方向に -5 mm、Y軸方向に 5 mm 移動した位置にタイトルブロックの挿入点を配置するので、「右下の角」を選択し「Dx」欄に -5、「Dy」 欄に 5 と入力します。設定後、「OK」を左クリックします。
    タイトルブロックの挿入点
  10. 「OK」を左クリックします。
    タイトルブロックの挿入点
  11. 「OK」を左クリックします。
  12. タイトルブロックの設定

  13. 次に、タイトルブロック内に挿入する各属性の値の配置位置を設定していきます。メニューバー内の「ファイル」>「開く」をクリックします。
    属性の値の配置
  14. 手順 8 で保存したタイトルブロックのファイルを選択し、「開く」を左クリックします。
    タイトルブロックのファイルを開く
  15. メニューバー内の「オブジェクト」>「属性およびタイトル・ブロック」>「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」を左クリックします。
    属性の設定
  16. 「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」ウィンドウ内で、「名前」の行を左クリックで選択し、「属性を編集」を左クリックで選択します。
    名前属性の編集
  17. 「属性を編集します」ウィンドウ内の左側にある設定項目一覧より「タイトル・ブロック内の値の表示」を左クリックで選択し、手順 5で設定した名前のタイトルブロックを左クリックで選択します。
    タイトルブロックの選択
  18. 「選択したタイトル・ブロックの属性を表示する」オプションにチェックを入れ、「文字列の属性を設定」を左クリックします。
    文字列の属性設定
  19. 「文字列の属性」ウィンドウ内で、「文字列の高さ」を設定します。「フォント」を左クリックします。
    フォント設定
  20. 「フォントの選択」ウィンドウで日本語フォントを左クリックで選択します。「OK」を左クリックします。※タイトルブロック内に挿入する属性値に日本語を使用する場合は必ず、日本語フォントを設定して下さい。日本語フォントを設定しない場合、日本語文字は表示されません。日本語フォントの設定方法は、「文字のフォントを日本語フォントに設定したい」を参照ください。
    フォントの選択
  21. 「文字列の属性」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    文字列の属性
  22. 「属性を編集します」ウィンドウに戻り、「2D領域の文字列の位置を設定」を左クリックします。
    文字列の位置設定
  23. タイトルブロックの挿入位置を左クリックで指定します。この例ではタイトルブロックの右下の角を左クリックで指定します。
    タイトルブロックの挿入位置
  24. 「名前」の属性値を挿入する位置を左クリックで指定します。
    名前の属性値の挿入位置
  25. 「属性を編集します」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    名前の属性値の挿入位置
  26. 「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」ウィンドウ内で、「数量」の行を左クリックで選択し、「属性を編集」を左クリックで選択します。
    数量の属性値の挿入位置
  27. 「属性を編集します」ウィンドウ内の左側にある設定項目一覧より「タイトル・ブロック内の値の表示」を左クリックで選択し、手順 5で設定した名前のタイトルブロックを左クリックで選択します。「選択したタイトル・ブロックの属性を表示する」オプションにチェックを入れ、「2D領域の文字列の位置を設定」を左クリックします。
    文字列の位置設定
  28. 「数量」の属性値を挿入する位置を左クリックで指定します。
    数量の属性値の挿入位置
  29. 「属性を編集します」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    数量の属性値の挿入位置
  30. 「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」ウィンドウ内で、「日付」の行を左クリックで選択し、「属性を編集」を左クリックで選択します。

    日付の属性値の挿入位置
  31. 「属性を編集します」ウィンドウ内の左側にある設定項目一覧より「タイトル・ブロック内の値の表示」を左クリックで選択し、手順 5で設定した名前のタイトルブロックを左クリックで選択します。「選択したタイトル・ブロックの属性を表示する」オプションにチェックを入れ、「2D領域の文字列の位置を設定」を左クリックします。
    文字列の位置設定
  32. 「日付」の属性値を挿入する位置を左クリックで指定します。
    日付の属性値の挿入位置
  33. 「属性を編集します」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    日付の属性値の挿入位置
  34. 「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」ウィンドウ内で、「図面NO.」の行を左クリックで選択し、「属性を編集」を左クリックで選択します。
    図面Noの属性値の挿入位置
  35. 「属性を編集します」ウィンドウ内の左側にある設定項目一覧より「タイトル・ブロック内の値の表示」を左クリックで選択し、手順 5で設定した名前のタイトルブロックを左クリックで選択します。「選択したタイトル・ブロックの属性を表示する」オプションにチェックを入れ、「2D領域の文字列の位置を設定」を左クリックします。
    文字列の位置設定
  36. 「図面NO.」の属性値を挿入する位置を左クリックで指定します。
    図面Noの属性値の挿入位置
  37. 「属性を編集します」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    図面Noの属性値の挿入位置
  38. 「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」ウィンドウ内で、「設計者」の行を左クリックで選択し、「属性を編集」を左クリックで選択します。
    設計者の属性値の挿入位置
  39. 「属性を編集します」ウィンドウ内の左側にある設定項目一覧より「タイトル・ブロック内の値の表示」を左クリックで選択し、手順 5で設定した名前のタイトルブロックを左クリックで選択します。「選択したタイトル・ブロックの属性を表示する」オプションにチェックを入れ、「2D領域の文字列の位置を設定」を左クリックします。
    文字列の位置設定
  40. 「設計者」の属性値を挿入する位置を左クリックで指定します。
    設計者の属性値の挿入位置
  41. 「属性を編集します」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    設計者の属性値の挿入位置
  42. 「BOM、属性、およびタイトル・ブロックの設定」ウィンドウ内で、「縮尺」の行を左クリックで選択し、「属性を編集」を左クリックで選択します。
    縮尺の属性値の挿入位置
  43. 「属性を編集します」ウィンドウ内の左側にある設定項目一覧より「タイトル・ブロック内の値の表示」を左クリックで選択し、手順 5で設定した名前のタイトルブロックを左クリックで選択します。「選択したタイトル・ブロックの属性を表示する」オプションにチェックを入れ、「2D領域の文字列の位置を設定」を左クリックします。
    文字列の位置設定
  44. 「縮尺」の属性値を挿入する位置を左クリックで指定します。
    縮尺の属性値の挿入位置
  45. 「属性を編集します」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    縮尺の属性値の挿入位置
  46. 「OK」を左クリックします。
    属性値の挿入位置設定
  47. 「保存」アイコンを左クリックします。これで、図面に挿入するタイトルブロックの挿入位置と、タイトルブロックに挿入するソリッドの属性の値の配置位置が設定されました。
    属性値の挿入位置保存

ソリッドを原点(0,0,0)の位置に移動させたい

  1. ソリッドを右クリックで選択し、表示されたオプションから「平行移動、回転」を左クリックで選択します。
    平行移動と回転
  2. 「3D の位置」ツールバー内の「X Y Z」アイコンを左クリックします。
    座標入力
  3. 「絶対座標」ウィンドウで、X 座標、Y 座標、Z 座標欄にそれぞれ、0 を入力します。「OK」を左クリックします。
    座標入力
  4. 「3D の位置」ツールバー内の「OK」を左クリックすると、ソリッドの挿入点が原点に配置されるようにソリッドが移動します。
    原点に移動

2D 図面に細部拡大図を挿入したい

  1. 下記の図面の右側のように、細部拡大図の枠を予め作成しておきます。
  2. 拡大したい部分を選択窓を使用して選択するか左クリックで選択します。
  3. 右クリックでオプションを表示させ、「コピー、貼り付け」を左クリックで選択します。
  4. オブジェクトが何もない場所で、右クリックしてオプションを表示させ、 「貼り付け」を選択します。
  5. 一部拡大図の枠内で左クリックし、オブジェクトを配置します。
  6. Esc キーを押して終了します。
  7. 選択窓を使用して選択するか左クリックで再度、右クリックで選択し、表示されたオプションから、「縮尺変更」を左クリックで選択します。
  8. 縮尺変更の中心位置を左クリックで指定します。
  9. 縮尺値を入力します。2倍に拡大する場合は、2 (拡大の場合は正の数)と入力します。「移動」オプションにチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
  10. オブジェクトが2倍の縮尺で拡大され、細部拡大図ができました。

指定した 2 点の軸を作成したい – VariCAD 2019 新機能

  1. 「2点による軸」アイコンを左クリックします。
  2. 軸の 1 つ目の点を左クリックで指定します。
  3. 軸の 2 つ目の点を左クリックします。
  4. 手順 2 ~ 手順 3 のように縦横に軸を挿入します。挿入後、Esc キーを押して終了します。
      ■作成した軸は、次のような寸法の記入の際に、大変便利です。
  1. 「横の直列寸法」アイコンを左クリックします。
  2. 寸法の始点を左クリックで指定します。
  3. 軸上にある、1つ目の寸法の終点位置で左クリックします。
  4. マウスカーソルを動かし、寸法を仮配置し、左クリックで配置決定します。
  5. 軸上にある、2つ目の寸法の終点位置で左クリックします。
  6. 左クリックで配置決定します。
  7. 寸法が記入されました。

組立部品ファイル上で部分組立品を編集したい – VariCAD 2019 新機能

  1. 編集したい部分組立品を右クリックで選択します。
  2. 表示されるオプションから「組立部品で編集」を左クリックで選択します。
  3. 描画画面右下の表示が「部分組立品」に変わります。
  4. 編集したい部品を右クリックで選択します。この例では、ねじの位置を変更します。
  5. 表示されるオプションから「平行移動、回転」を左クリックで選択します。
  6. 挿入軸を使用して任意の位置に配置します。
  7. 左クリックで配置を決定します。右クリックで終了します。
  8. 「部品または部分組立品を編集」ツールバーにある「部品または部分組立品の編集を終了」アイコンを左クリックします。
  9. 描画画面右下の表示が「組立部品」に戻ります。
  10. 編集が完了しました。

組立部品ファイル上で部品を編集したい – VariCAD 2019 新機能

  1. メニューバーの「編集」>「組立部品ツリー構造」を左クリックで選択します。
  2. 「ソリッドと組立部品」ウィンドウで、編集したい部品を右クリックで選択します。
  3. 表示されるオプションから「組立部品で編集」を左クリックで選択します。
  4. 描画画面右下の表示が「部品」に変わります。
  5. 編集したい部品を右クリックで選択します。※本例ではハンドルの穴の大きさを変更します。
  6. 表示されるオプションから「論理演算ツリー要素を編集」を左クリックで選択します。
  7. 「ソリッドを選択」ウィンドウで、穴オブジェクトを右クリックで選択し表示されるオプションから、「形状の編集」を左クリックで選択します。
  8. 穴の直径寸法を左クリックで選択します。
  9. 「ソリッドの寸法」ウィンドウで「直径」欄に値を入力し、「OK」を左クリックします。
  10. 右クリックで編集を終了します。
  11. 「ソリッドを選択」ウィンドウに戻り、「キャンセル」を左クリックします。
  12. 「部品または部分組立品を編集」ツールバーにある「OK」を左クリックします。
  13. 描画画面右下の表示が「組立部品」に戻ります。
  14. 「ソリッドと組立部品」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
  15. 編集が完了しました。

円筒ソリッドの長さを測定したい – VariCAD 2019 新機能

  1. メニューバーの「オブジェクト」>「チェック」>「円筒の寸法」を左クリックで選択します。
  2. 左クリックで円筒ソリッドを選択します。
  3. 「測定値」ウィンドウで「円筒の長さまたは穴の深さを測定」を左クリックします。
  4. 円筒の向かい合わせになっている面の縁上で左クリックします。
  5. もう片方の面の縁上で左クリックします。
  6. 「測定値」ウィンドウの「測定された長さまたは深さ」欄に円筒の長さが表示されます。

2D オブジェクトの縮尺を変更後、実寸値の寸法を挿入したい

    ※1:2 の縮尺にしたオブジェクトに実寸値の寸法(実寸値 96 ㎜)を挿入する方法を説明します。
  1. まず、メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「単一寸法」>「横」を左クリックで選択します。
  2. 寸法線の始点を左クリックで指定します。
  3. 寸法線の終点を左クリックで指定します。
  4. 「スナップ」ツールバー内の「寸法縮尺変更」を左クリックします。
  5. 実寸は2倍なので、「2」と入力し、「OK」をクリックします。※2:1 にオブジェクトを拡大し、実寸の寸法値を挿入する場合は、「0.5」と入力してください。
  6. 左クリックで挿入します。
  7. Escキーを押して終了します。
    ※寸法縮尺設定をオフにする場合は、「スナップ」ツールバー内の「寸法縮尺変更」を左クリックし、「寸法縮尺」ウィンドウで、「縮尺をオフ」を左クリックして下さい。

既存の寸法線と高さを揃えて寸法線を記入したい

    ※この例では、左側のオブジェクトの寸法線の高さに合わせて、右側のオブジェクトの寸法線を記入する方法を説明します。

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「単一寸法」>「横」を左クリックで選択します。
  2. 寸法線の始点を左クリックで指定します。
  3. 寸法線の終点を左クリックで指定します。
  4. 「スナップ」ツールバー内の「寸法の形状、同じ高さ/平行の寸法」アイコンを左クリックします。
  5. 「選択した寸法と同じ高さで寸法を作成」を左クリックで選択します。
  6. 左側のオブジェクトの寸法線を左クリックで選択します。
  7. 右側のオブジェクトの寸法線の高さが左側のオブジェクトの寸法線の高さに自動で変更されますので、左クリックで配置を確定します。
  8. Esc キーを押して終了します。左側の寸法線の高さに揃えて、寸法線が記入されました。

寸法が記入された線分の長さを変更する際に、寸法オブジェクトの寸法も同時に変更したい

  1. 長さを変更したい線分を右クリックで選択します。
  2. 表示されるオプションから「線の長さまたは伸縮を変更」を左クリックで選択します。
  3. 「線の長さ」ウィンドウで、「新しい長さ」欄に値を入力し、「変更した長さに従って、選択したオブジェクトを伸縮または移動する」オプションにチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
  4. マウスを動かすと「<」または「>」が表示されますので、伸縮を行う方向に向いた矢印表示にし、左クリックします。この例では、右側を伸縮するので、「>」にします。
  5. 伸縮する線の内側を左クリックで選択します。
  6. 寸法オブジェクトと、一緒に伸縮したいその他の線分を左クリックで選択します。右クリックで選択を終了します。
  7. 線分の長さを変更すると同時に寸法、その他の線分の長さが変更されました。

寸法オブジェクトの矢印を内側の配置から外側の配置に変更したい

  1. 寸法オブジェクトを右クリックで選択します。
  2. 表示されたオプションから「寸法の形状/文字列を編集」を左クリックで選択します。
  3. マウスカーソルを寸法オブジェクトの外側(赤の囲み部分内)の位置まで動かします。矢印が外側に配置されます。
  4. 外側に配置されたところで左クリックすると、矢印の配置が外側に変更されます。
    ※外側に配置されている矢印を内側に配置する場合は「寸法の形状/文字列を編集」を選択後、マウスカーソルを寸法オブジェクトの内側(赤の囲み部分内)の位置まで動かして、左クリックして下さい。

2D 図面に寸法を記入したい

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「単一寸法」>「横」を左クリックで選択します。
    • ※縦寸法を記入したい場合は「縦」、対角寸法を記入したい場合は「対角」を選択して下さい。

  2. 寸法を記入したい線の始点を左クリックで選択します。
  3. 続いて寸法記入したい線の終点を左クリックで選択します。
  4. 寸法線が引ける状態になりますのでマウスをドラッグして、任意の位置に配置し、左クリックで位置を確定します。
  5. Esc キーを押して作業を終了します。寸法の記入が完了しました。

斜め方向に複数の 2D オブジェクトのコピーを作成したい

  1. メニューバー内の「編集」>「変換」>「2Dオブジェクトの平行移動またはコピー」を左クリックで選択します。
  2. コピーの基準点を左クリックで指定します。
  3. 「スナップ」ツールバー内の「角度および距離」アイコンを左クリックします。
  4. コピーする方向の角度とコピー間の距離を入力し、「OK」を左クリックします。
  5. 「コピー」オプションにチェックを入れて、「コピー数」入力欄に値を入力します。「OK」を左クリックします。
  6. コピーするオブジェクト上にマウスカーソルを置きます。
  7. 左クリックで、オブジェクトを選択します。右クリックで選択を終了します。
  8. 図面にコピーが挿入されますので Esc キーを押して終了します。
  9. 複数のコピーが斜め方向に作成されました。

コマンドをキー入力して操作を開始したい

  1. 描画画面左下にコマンド入力欄があります。
  2. この例では、「システム設定」ウィンドウを表示させるコマンド cfg を「コマンド」欄に入力します。Enter キーを押します。
  3. 「システム設定」ウィンドウが表示されます。
    ※コマンドの一覧は、メニューバー内の「ヘルプ」>「コンテキスト・ヘルプ」>「目次」タブ>「すべての VariCAD 機能のリスト」にあります。ご参照ください。

大きさの異なる複数の円を同じ半径に変更したい

  1. 半径を同じにしたい円を左クリックで選択します。
  2. 右クリックでオプションを表示させ、「半径を変更」を左クリックで選択します。
  3. 「円または円弧の半径」ウィンドウで、半径の値を入力し、「OK」を左クリックします。
  4. 選択したすべての円の半径が同じになり、同じ大きさになりました。

元の 2D オブジェクトを残したまま 2D オブジェクトを回転したい

  1. 回転したいオブジェクトを右クリックで選択します。
  2. オプションメニューが表示されますので「回転」を左クリックで選択します。
  3. 回転の中心を左クリックで指定します。
  4. 「回転」ウィンドウで、「回転角度」欄に値を入力し、「コピー」オプションにチェックを入れて「コピー数」欄に「1」を入力、「OK」を左クリックします。
  5. 元の 2D オブジェクトを残したまま 2D オブジェクトを回転できました。

図形の角度に合わせて文字を記入したい

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「文字列」>「マルチテキスト」を左クリックで選択します。
  2. 「文字列の入力」ウィンドウ内にある「テキスト書込み」欄に任意の文字を入力し、 「文字列の角度を設定」を左クリックします。
  3. 「角度」ウィンドウで、「2点により角度を定義します」を左クリックで選択します。
  4. 角度を参照するオブジェクトの線分の始点を左クリックで指定します。
  5. 角度を参照するオブジェクトの線分の終点を左クリックで指定します。
  6. 「文字列の入力」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
  7. 文字列を任意の位置に配置し、左クリックで配置を決定します。
  8. Esc キーを押して終了します。図形の角度に合わせて文字列を記入できました。

2D文字列オブジェクトを縦書きにしたい

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「文字列」>「マルチテキスト」を左クリックで選択します。
  2. 「文字列の入力」ウィンドウ内で、「文字列の属性」を左クリックします。
  3. 「文字列」ウィンドウ内で、「フォント」を左クリックします。
  4. 「フォント選択」ウィンドウ内で、通常使用しないフォントを右クリックで選択し、表示されるオプションから「フォントを変更」を左クリックで選択します。
  5. 「フォント選択」ウィンドウ内で、「スクリプト」欄から「日本語」を選択します。
  6. 「フォント選択」ウィンドウ内の左側の「フォント」欄に、日本語フォントが表示されますので、「@MS P ゴシック」を左クリックで選択します。「OK」を左クリックします。
      ※フォント名称の頭に「@」が付くものが縦書きフォントになります。
  7. フォントの一覧に「@MS P ゴシック」が表示されます。右クリックで選択し、表示されるオプションから、「選択」を左クリックで選択します。
  8. 「OK」を左クリックします。
  9. 「文字列」ウィンドウ内で、「文字列の高さ」欄に高さを入力し、「文字列の角度」に「-90」と入力します。「OK」を左クリックします。
  10. 文字を入力します。「OK」を左クリックします。
  11. 文字列を任意の位置で左クリックで挿入します。
  12. Esc キーを押して終了します。

図面上のフォントの異なる複数の文字列を同じフォントに一括で変更したい

  1. メニューバー内の「編集」>「寸法および文字列」>「選択した文字列のスタイル編集」を左クリックで選択します。
  2. 「選択した文字列のスタイルを編集」ウィンドウ内で「フォント」を左クリックします。
  3. 「フォント選択」ウィンドウ内で、希望するフォントを左クリックで選択します。
  4. ※希望するフォントが一覧にない場合は、文字のフォントを日本語フォントに設定したい の手順3 ~5 を実行して一覧に追加してください。「OK」を左クリックします。

  5. 「選択した文字列のスタイルを編集」ウィンドウに戻り、「選択した文字列の変更する属性」欄内の 「フォント」オプションにチェックを入れます。「フォント」オプション以外はチェックを外してください。「OK」を左クリックします。
  6. 「選択」ツールバー内の「オブジェクトの種類による」アイコンを左クリックします。
  7. 「文字列」を左クリックで選択します。
  8. 「選択のタイプ」ウィンドウ内で、「図面全体にあるオブジェクト」を左クリックで選択します。
  9. 図面上のすべての文字列オブジェクトが選択された状態になります。右クリックで決定します。
  10. 図面上にあるすべての文字列のフォントが同じフォントに変更されました。

ソリッドに文字の切り抜き処理を行いたい

  1. 予め下図のように、文字の切り抜き処理を行いたいソリッド(本例では箱型ソリッド)上に文字列ソリッドを配置しておきます。文字列ソリッドの作成方法は3D文字列ソリッドを作成したいをご覧ください。
  2. メニューバー内にある「オブジェクト」>「論理演算」>「切り取り、切り取りソリッドの削除」を左クリックで選択します。
  3. 文字列ソリッドを左クリックで選択します。
  4. 箱形ソリッドを左クリックで選択します。
  5. Esc キーを押して終了します。
  6. 文字の切り抜き処理ができました。

部品毎にレイヤーを分けて描きたい

  1. 2D 描画画面左下にあるコマンド欄に 「lay」 と入力し、Enter キーを押します。
  2. 「レイヤー管理」ウィンドウ内の「新規レイヤー」を左クリックします。
  3. 「レイヤー設定」ウィンドウ内にある、「レイヤー名」欄に任意のレイヤー名を入力し、レイヤーの色とレイヤーの線種を左クリックで選択して、「OK」を左クリックします。
  4. 「レイヤー管理」ウィンドウ内の「レイヤー自動変更」を左クリックします。
  5. 「レイヤー自動切り替え設定」ウィンドウ内の「2Dレイヤーの自動切り替え」オプションで 「オフ」にチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
  6. 作成したレイヤーを左クリックで選択し、「作業レイヤーとして選択」を左クリックで選択します。
  7. 「レイヤー管理」ウィンドウ内の「すべての新規文書に変更を使用」オプションにチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
  8. これで、新規作成したレイヤーで描画できるようになりました。作業レイヤーを変更するには、手順 6 の画面で作業レイヤーを別のレイヤーに変更するか、手順 5 の画面で「2Dレイヤーの自動切り替え」オプションを「オン」にしてコマンド毎にレイヤーを自動で切り替えるモードに変更してください。

レイヤー設定を使用して、寸法オブジェクトのみ非表示にしたい

  1. 下図のような図面の寸法のみを非表示にします。
  2. 「レイヤー」アイコンを左クリックします。
  3. レイヤー「寸法」を左クリックで選択します。
  4. オプションから「オブジェクトを非表示」を左クリックします。
  5. 「OK」を左クリックします。
  6. 図面内の寸法が非表示になりました。

3D 文字列ソリッドを作成したい

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「総合図形」>「3D 文字列の作成」を左クリックで選択します。
  2. 「文字列の入力」ウィンドウで「テキスト書込み」欄に文字を入力し、「文字列の押出の高さ」欄、「文字列の文字の高さ(縦幅)」欄に値を入力し「OK」を左クリックします。
  3. ソリッドが、描画画面に仮挿入されますので、XYZ 挿入軸を使用して任意の位置に配置します。
  4. 右クリックで挿入を決定します。

完全に閉じられていない領域にハッチングをかけたい

この例では、下図のような、閉じていないオブジェクトにハッチングをかける方法を説明します。

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「ハッチ処理」>「ハッチ、境界線選択」を左クリックで選択します。
  2. 「選択」ツールバーにある、「仮オブジェクト」アイコンを左クリックします。
  3. 「仮線を作成します」を左クリックで選択します。
  4. 仮線の始点を左クリックで指定します。
  5. マウスをドラッグして仮線を描き、終点を左クリックで指定します。
  6. 下図のようにオブジェクトを仮線で閉じました。
  7. オブジェクトを左クリックで選択します。右クリックで選択を終了します。
  8. 「ハッチスタイルの定義」ウィンドウで、「OK」を左クリックします。
  9. オブジェクトにハッチングがかけられました。

ソリッドの干渉チェックを行いたい

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「干渉」>「すべての干渉」を左クリックで選択します。
  2. 干渉部分がハイライト表示されます。Esc キーを押すとハイライト表示が解除されます。

オブジェクトの一部を除いてハッチングをかけたい

この例では、下図のようなオブジェクトの文字列部分を除いてハッチングをかける方法を説明します。

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「ハッチ処理」>「ハッチ、境界線選択」を左クリックで選択します。
  2. 「選択」ツールバーにある「仮線分の閉鎖領域」アイコンを左クリックします。
  3. 「長方形を仮作成します」を左クリックで選択します。
  4. 文字列を覆うように長方形を描きます。
  5. 長方形オブジェクトを左クリックで選択します。
  6. 右クリックで選択を終了します。
  7. 「ハッチスタイルの定義」ウィンドウで、「OK」を左クリックします。
  8. 文字列部分を除いてハッチングがかけられました。

図面上にあるすべてのハッチオブジェクトを一括で削除したい

  1. メニューバー内の「編集」>「削除」を左クリックで選択します。
  2. 「選択」ツールバーにある「オブジェクトの種類による」アイコンを左クリックします。
  3. 「ハッチ」を左クリックで選択します。
  4. 「選択のタイプ」ウィンドウで、「図面全体にあるオブジェクト」を左クリックで選択します。
  5. 図面上のすべてのハッチが選択された状態になります。右クリックします。
  6. 図面上のすべてのハッチが削除されました。

オブジェクトにハッチングをかけたい

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「描画」>「ハッチ処理」>「ハッチ、境界線選択」を左クリックで選択します。
  2. オブジェクトを左クリックで選択します。右クリックで選択を終了します。
  3. 「ハッチスタイルの定義」ウィンドウで、「ハッチパターン」を左クリックします。
  4. 「前のパターン」または「次のパターン」をクリックしてハッチパターンを選択します。「OK」を左クリックします。
  5. オブジェクトにハッチングがかけられました。

カーソルの移動距離の単位を0.5mm以下に設定したい

  1. メニューバー内の「ツール」>「直交、ステップモード」>「カーソル移動増分設定」を左クリックで選択します。
  2. 「カーソル増分、座標表示」ウィンドウで「キーボードからカーソル増分モードを設定」オプションにチェックを入れます。移動増分値を 0.1mm としたい場合、「Dx 増分」、「Dy 増分」入力欄に 0.1 とそれぞれ入力し、「OK」を左クリックします。

閉じた形状の 2D オブジェクトを簡単に描画したい

  1. 「線」アイコンを左クリックします。
  2. 下図のように開いた線分を描きます。
  3. 「スナップ」ツールバー内にある「閉じる」アイコンを左クリックします。
  4. 端点と端点の間に線分が自動で描画され、オブジェクトが閉じた形状になります。Esc キーを押して描画を終了します。

2D オブジェクトを反転複写したい

  1. メニューバー内にある「編集」>「変換」>「反転複写」 を左クリックで選択します。
  2. 「反転複写」ウィンドウで「鏡像」オプションを左クリックで選択し、「対称軸を定義する」オプションにチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
  3. 対称軸の始点を左クリックで指定し、マウスをドラッグして線を描き、左クリックで終点を指定します。
  4. 反転複写するオブジェクトを左クリックで選択し、右クリックで選択を終了します。
  5. 反転複写されたオブジェクトが作成されました。
  6. 「Esc」 キーを押して終了します。

シートの境界線の設定、挿入がしたい

  1. メニューバー内の「ツール」>「シートの境界線の定義」を左クリックで選択します。
  2. 「用紙の境界線の定義」ウィンドウ内で「シート境界線スタイル設定」を左クリックします。
  3. 「プレビュー」ウィンドウ内で、中心マークや補助マークの挿入の有無等を設定します。
    本例では中心マークを挿入するので、ウィンドウ左側にある「中心マーク」タブを左クリックで選択し、「中心マークの描画」オプションにチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
  4. 2D 描画画面右下にある「シートの境界線」アイコンを左クリックします。
  5. 中心マークが付いたシートの境界線が描画画面に挿入されました。

フィレットを削除したい

  1. フィレットを削除したいソリッドを右クリックで選択し、表示されるオプションから、「論理演算ツリー要素を編集」を左クリックで選択します。
  2. 「ソリッドを選択します」ウィンドウで、削除したいフィレットを左クリックで選択します。選択したフィレットの箇所がハイライト表示されます。
  3. 右クリックでオプションを表示させ、「削除」を左クリックで選択します。
  4. 「キャンセル」をクリックして、ウィンドウを閉じます。
  5. フィレットが削除されました。

3D ソリッド で鏡像を作成したい

  1. 3D 描画画面で、メニューバー内の「編集」>「反転複写」を左クリックで選択します。
  2. 「鏡像面の定義」ウィンドウで、鏡像面の設定を行います。この例では、「平面の選択」を左クリックで選択します。「OK」を左クリックします。
  3. 鏡像面を左クリックで選択します。
  4. 鏡像化するソリッドを左クリックで選択します。
  5. 右クリックで選択終了します。
  6. 鏡像が作成されます。
  7. Esc キーを押して作業を終了します。

3D ソリッドの移動(ドラッグ)増分値を設定したい

  1. 移動したいソリッドを右クリックで選択し、表示されるオプションから「平行移動、回転」を左クリックで選択します。
  2. 左マウスボタンと右マウスボタンを同時に押すとオプションが表示されますので、「ドラッグ増分の設定」を左クリックで選択します。
    • または、「3D の位置」ツールバーにある「ドラッグ増分の設定」アイコンを左クリックします。

  3. 「3D ドラッグ増分」ウィンドウで、移動増分値を「平行移動ステップ」欄または「回転ステップ」欄に入力します。「OK」を左クリックします。これで、ソリッドの移動増分値が設定されました。

ソリッドを断面表示したい – 既存の断面切り取りツールを使用

  1. 断面切り取りツールとなるソリッドを予め用意し、断面表示したい場所に配置します。この例では箱型ソリッドを断面切り取りツールとして用意し断面表示したい場所に配置しています。箱型ソリッドの作成方法は、「箱型ソリッドを作成したい」をご覧ください。
  2. メニューバー内の「ツール」>「3D 断面の管理」を左クリックで選択します。
  3. 「3D 断面の管理」ウィンドウで「断面を新規作成」を左クリックします。
  4. 「断面を新規作成」ウィンドウで、「新しい断面の名前」欄に任意の名前を入力し、「新しい断面を作成」を左クリックします。
  5. 「3D 断面の管理」ウィンドウのリストに、作成した断面が表示されるので、右クリックで選択し、表示されるオプションから「ソリッドを追加/削除」を左クリックで選択します。
  6. 断面表示したいソリッドを左クリックで選択します。右クリックで選択を終了します。
  7. 「3D 断面の管理」ウィンドウに戻り、リストから再度、断面を右クリックで選択し、表示されるオプションから「既存の断面切り取りツール(平面)を選択」を左クリックで選択します。
  8. 箱型ソリッドを左クリックで選択します。
  9. 「3D 断面の管理」ウィンドウに戻り、リストから再度、断面を右クリックで選択し、表示されるオプションから「オン」を左クリックで選択します。
  10. 「キャンセル」を左クリックします。
  11. 断面表示になりました。
  • 断面表示をオフにする場合
    1. メニューバー内の「ツール」>「3D 断面の管理」を左クリックで選択します。
    2. 「3D 断面の管理」ウィンドウで表示をオフにしたい断面を右クリックで選択し、表示されるオプションから「オフ」を左クリックで選択します。