押出機能で、抜き勾配をつけたソリッドを作成したい

本例では抜き勾配がついた箱型ソリッドを作成します。

  1. メニューバーの「オブジェクト」>「2D プロファイルからソリッド作成」>「押出」を左クリックで選択します。
    抜き勾配をつけてソリッドを作成
  2. 「スケッチ平面の定義」ウィンドウで、スケッチ平面を選択します。本例では「空間 XY 軸によるスケッチ平面」を左クリックで選択します。
    抜き勾配をつけてソリッドを作成
  3. 「長方形」アイコンを左クリックします。
    抜き勾配をつけてソリッドを作成
  4. 長方形を描きます。
    抜き勾配をつけてソリッドを作成
  5. 「ソリッドプロファイル作成」ツールバーで赤文字の「OK」アイコンを左クリックします。
    抜き勾配をつけてソリッドを作成
  6. 「押出」ウィンドウで、「押出に抜き勾配を使用する」オプションにチェックを入れます。
    抜き勾配をつけてソリッドを作成
  7. 「ソリッドの高さ」入力欄に任意の高さの値を入力し、「抜き勾配」入力欄に抜き勾配の角度を入力します。「OK」を左クリックします。
    抜き勾配をつけてソリッドを作成
  8. ソリッドが仮挿入されます。右クリックで挿入を確定します。
    抜き勾配をつけてソリッドを作成
  9. 抜き勾配がついたソリッドが作成されました。
    抜き勾配をつけてソリッドを作成