TOP » 操作・設定 » 操作全般 » 3Dに関する操作 » 3Dモデリング » 2Dオブジェクトから穴があいたソリッドを作成

2Dオブジェクトから穴があいたソリッドを作成

2Dオブジェクトから穴があいたソリッドを作成する方法について、操作手順を画像付きでご案内しています。

  1. 下図のように描いた、円と長方形のオブジェクトを用意します。
    2Dから穴があいたソリッドを作成
  2. 「押出」アイコンを左クリックします。
    押出アイコンクリック
  3. 「押出」ウィンドウで、「ソリッドの高さ」欄に値を入力し、「押し出すプロファイルを選択」を左クリックします。
    ソリッドの高さ入力
  4. 円と長方形のオブジェクトを左クリックで選択します。右クリックで選択を終了します。
    オブジェクトの選択
  5. ソリッドが 3D 描画画面に仮挿入されます。「3D の位置」ツールバーの「OK」を左クリックします。
    ソリッドの挿入
  6. 穴があいたソリッドが作成されました。
    穴があいたソリッドの作成完了