TOP » 操作・設定 » 操作全般 » 2D » 2D作図 » スマート寸法で C 面取り距離 × 45 °の形式で面取り寸法を挿入したい – VariCAD2022 2.0 新機能

スマート寸法で C 面取り距離 × 45 °の形式で面取り寸法を挿入したい – VariCAD2022 2.0 新機能

  1. まず、フォーマットの設定を、「寸法の引き出し線とスタイル設定」から行います。メニューバーの「ツール」>「寸法の引き出し線とスタイル設定」を左クリックで選択します。
    寸法スタイル設定メニュー
  2. 「寸法の引き出し線とスタイル設定」ウィンドウで、左側にあるツリー項目から「面取り」を左クリックで選択します。
    面取りスタイルの設定
  3. ウィンドウ右側に表示されるオプションで、「寸法で面取りプレフィックスを使用する」オプションと「寸法で面取り文字列を使用する」オプションにチェックを入れ「OK」を左クリックします。
    面取りスタイルの設定オプション
  4. メニューバーの「オブジェクト」>「描画」>「スマート寸法」を左クリックで選択します。
    スマート寸法のメニュー
  5. Shiftキーを押しながら面取り部分を左クリックで選択します。
    面取り部分の選択
  6. 45度の面取りが検出されると、C 面取り距離 × 45 °の形式の寸法が仮挿入されます。任意の位置に配置し、左クリックで挿入します。
    面取り寸法の挿入
  7. Esc キーを押して、寸法記入を終了します。
    面取り寸法記入の終了