TOP » 操作・設定 » 操作全般 » 3Dに関する操作 » 3Dモデリング » 部品ライブラリにないねじを作成したい

部品ライブラリにないねじを作成したい

VariCAD では、部品ライブラリや規格にない特殊なねじやナットなどでも、簡単に作成することが出来ます。

この例では、下図のような M4.5×20 のねじを作成します。
M4.5×20ねじ

  1. まず、ねじの頭部となるソリッドを作成します。
    メニューバー内の「オブジェクト」>「基本ソリッド」>「円筒」をクリックで選択します。
    円筒コマンド
  2. 「円筒」ウィンドウが表示されますので、「直径」欄に「8」、「長さ」欄に「3」と入力し、「OK」をクリックします。
    円筒ウィンドウ
  3. ソリッドが仮挿入されますので、XYZ 軸を使用して任意の位置に配置し、右クリックで挿入を確定します。
    円筒ソリッド仮挿入
  4. 円筒ソリッドの縁をフィレット処理します。
    メニューバー内の「オブジェクト」>「一般的な論理演算」>「フィレット」をクリックで選択します。
    フィレットコマンド
  5. フィレット処理する縁を左クリックし、右クリックで決定します。
    「フィレットの半径」ウィンドウが表示されますので、「フィレットの半径」欄に任意の値を入力し、「OK」をクリックします。フィレット処理された円筒が作成されます。

    ※この例では「3」と入力します。
    フィレット半径ウィンドウ
    フィレット処理

  6. 次に、ねじ切り部分のソリッドを作成します。
    メニューバー内の「オブジェクト」>「総合図形」>「ねじ切り円筒(ねじ)」をクリックで選択します。
    ねじ切り円筒コマンド
  7. 「ねじ切り円筒」ウィンドウが表示されますので、「ねじを選択」ボタンをクリックします。
    ねじ切り円筒ウィンドウ
  8. 「メートルねじ」ウィンドウが表示されますので、「M4.5×0.5」のねじを左クリックで選択します。
    メートルねじウィンドウ
  9. 「ねじ切り円筒」ウィンドウに戻りますので、「長さ」欄に「20」、「ねじ部の長さ」欄に「長さ」欄の値より小さい値を入力します。
    「面取り、値はねじ山のプロファイルの高さ」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。

    ※この例では「ねじ部の長さ」欄に「19」と入力します。
    ねじ切り円筒ウィンドウ

  10. ソリッドが仮挿入されますので、「3D の位置」ツールバーの「円または円弧の中心」をクリックします。
    ねじ部仮挿入
    円または円弧の中心コマンド
  11. 円筒ソリッドの平らな面側の縁を左クリックで選択します。ねじ部が円筒ソリッドの中央に配置されます。右クリックで挿入を確定します。
    円筒ソリッド ネジ部と円筒ソリッド
  12. 最後に両ソリッドを結合します。
    メニューバー内の「オブジェクト」>「論理演算」>「追加」をクリックで選択します。
    追加コマンド
  13. 円筒ソリッドを左クリックで選択し、続いてねじ部ソリッドを左クリックで選択します。
    両ソリッドが結合されました。
    仮結合
    結合
  14. 切り取り機能などで、様々な形状の頭部にすることが可能です。
    様々な形状の頭部