3D 組立部品のビューから変換した2D オブジェクトを、部分組立品の各部品毎に選択したい

    • 本例で紹介するオプションは、組立部品ファイル上でのみ有効となります。
  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「3D ビューから 2D 図面を作成」を左クリックで選択します。
    部分組立品の選択
  2. 「3D ビューから 2D 図面を作成」ウィンドウで「部分組立品を分解して複数の単一部品にする」オプションにチェックを入れます。「2D 図面を作成」を左クリックします。
    部分組立品の選択
  3. 2D 描画画面に2D オブジェクトが仮挿入されますので、左クリックで任意の位置に配置します。
    部分組立品の選択
  4. これで、2D オブジェクトを選択する際、単一部品毎に選択できるようになりました。
    部分組立品の選択
  5. オブジェクトを単一部品として選択する場合、例えば、下図のようにオブジェクトのコピーをする際に表示される選択ツールバーで、「3D ソリッド」アイコンを左クリックします。
    部分組立品の選択
  6. 部分組立品の選択

  7. マウスカーソルをオブジェクト上に置くと、単一部品でオブジェクトが検出され、左クリックで選択できます。
    部分組立品の選択
    • 変換した 2D オブジェクトを部分組立品として一括で選択できるようにしたい場合
  1. 変換した 2D オブジェクトを部分組立品として一括で選択できるようにしたい場合は、3D ビューから変換する際に、「3D ビューから 2D 図面を作成」ウィンドウで「部分組立品を分解して複数の単一部品にする」オプションのチェックを外し、「2D 図面を作成」を左クリックし、変換します。
    部分組立品の選択
  2. 同様に、オブジェクトを選択する際に表示される選択ツールバーで「3D ソリッド」アイコンを左クリック後、マウスカーソルをオブジェクト上に置くと、部分組立品として複数の部品が一括検出され、左クリックで選択できます。
    部分組立品の選択