ソリッドに属性を設定したい

  1. 属性を設定したいソリッドを右クリックで選択します。
    ソリッド属性設定
  2. 表示されるオプションから「ソリッドの名前と属性」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性設定
  3. 下図のウィンドウが表示された場合は、「このまま続ける、BOMマスクを後で設定する」を左クリックします。
    ソリッド属性設定
  4. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「名前」の行を右クリックし、「属性値を定義」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性名前設定
  5. 名前を入力するウィンドウが表示されますので、「名前」欄に任意の名前を入力し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性名前設定
  6. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「数量」の行を右クリックし、「属性値を定義」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性数量設定
  7. 数量を入力するウィンドウが表示されますので、「数量」欄に数量を入力し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性数量設定
  8. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「製造」の行を右クリックし、「属性値を定義」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性製造設定
  9. 製造品か購入品かを選択するウィンドウが表示されますので、左クリックでチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性製造設定
  10. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「材料」の行を右クリックし、「属性値を定義」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性材料設定
  11. 「材料の定義」ウィンドウ内の「材料名」欄横にある三角ボタンを左クリックし、「材料のリストからデータをコピー」を左クリックで選択します。
    ソリッド属性材料設定
  12. 「材料リスト」欄から左クリックで材料を選択します。「すべてのデータを入力する材料を定義」を左クリックします。
    ソリッド属性材料設定
  13. 「材料の定義」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性材料設定
  14. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「重量」の行を左クリックします。確認ウィンドウが表示されますので、「はい」を左クリックします。
    ソリッド属性重量設定
  15. 「質量の定義」ウィンドウに計算結果が表示されるので、表示単位を左クリックで選択し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性重量設定
  16. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「日付」の行を右クリックし、「日付の定義」ウィンドウで日付を左クリックで選択し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性日付設定
  17. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「表面」の行を左クリックします。確認ウィンドウが表示されますので、「はい」をクリックします。
    ソリッド属性表面積設定
  18. 「表面」ウィンドウに計算結果が表示されるので、表示単位を左クリックで選択し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性表面積設定
  19. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「図面ファイル名」の行を左クリックします。「属性ファイルの定義」ウィンドウが表示されますので、「現在のファイル名を使用」を左クリックします。
    ソリッド属性図面ファイル名設定
  20. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「図面NO.」の行を左クリックします。図面NO を入力するウィンドウが表示されますので、「図面NO.」欄に任意の値を入力し、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性図面No設定
  21. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「縮尺」の行を左クリックします。縮尺を入力するウィンドウが表示されますので、「2D図面の縮尺を取得」を左クリックします。
    ソリッド属性縮尺設定
  22. 「縮尺」欄に値が自動で入力されますので、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性縮尺設定
  23. 「ソリッドの属性を編集」ウィンドウ内で、「図面形式」の行を左クリックします。図面形式を入力するウィンドウが表示されますので、「2D図面形式を取得」を左クリックします。
    ソリッド属性図面形式設定
  24. 「図面形式」欄に値が自動で入力されますので、「OK」を左クリックします。
    ソリッド属性図面形式設定
  25. ソリッドの属性値の入力が完了後、「OK」を左クリックし、設定を終了します。
    ソリッド属性設定完了