TOP » 操作・設定 » 操作全般 » 3Dモデルから2D図面の作成 » 3Dビューを 2D図面に変換して隠線を描画する

3Dビューを 2D図面に変換して隠線を描画する

本ページでは 3D CAD ソフトの VariCAD を使用して、3D ビューを 2D 図面に変換する際に、隠線も描画する方法について、操作手順を画像付きでご案内しています。

隠線の描画がうまくできない場合は、お問い合わせフォームにてご相談ください。

  1. メニューバーの「オブジェクト」>「3D ビューから 2D 図面を作成」を左クリックで選択します。
    3Dビューから 2D図面を作成
  2. 「3D ビューから 2D 図面を作成」ウィンドウで、「現在のビューから 2D 図面を作成する」オプションにチェックを入れます。
  3. 「2D の隠線(縁)」オプションで、「指定した線の属性を使用して隠線を描画する」オプションにチェックを入れて、「2D 図面を作成」を左クリックします。
    隠線を描画する
  4. 2D 描画画面に切り替わりますので、任意の位置にオブジェクトを左クリックで配置します。
    2D 描画画面
  5. 隠線が入ったビューの 2D オブジェクトが作成されました。
    隠線が入ったビューの 2D オブジェクト