TOP » 操作・設定 » 操作全般 » 2D » 2D作図 » スマート寸法で、並列寸法と直列寸法を挿入したい – VariCAD2022 2.0 新機能

スマート寸法で、並列寸法と直列寸法を挿入したい – VariCAD2022 2.0 新機能

並列寸法の記入手順

  1. メニューバーの「オブジェクト」>「描画」>「スマート寸法」を左クリックで選択します。
    スマート寸法メニュー
  2. 並列寸法の1つ目の寸法の始点の位置で左クリックします。
    1つ目の寸法の始点の指定
  3. 1つ目の寸法の終点位置で左クリックします。
    1つ目の寸法の終点の指定
  4. 寸法が仮挿入されますので、カーソルを動かして、任意の位置に配置し、左クリックで挿入します。
    寸法の配置
  5. 続けて、Ctrl キーを押しながら、1つ目の寸法上でカーソルを動かします。矢印が表示されますので、矢印が1つ目の寸法の始点の方向に向いている状態(1つ目の寸法の始点がハイライト表示された状態)で左クリックします。これで、2つ目の寸法の始点が指定されます。
    2つ目の寸法の始点の指定
  6. 2つ目の寸法の終点の位置を左クリックで指定します。
    2つ目の寸法の終点の指定
  7. 2つ目の寸法が仮挿入されますので、カーソルを動かします。事前定義のピッチの距離の位置にカーソルが置かれると、一時作図補助線が表示されます。左クリックで挿入します。
    寸法の配置
  8. 続けて、Ctrl キーを押しながら、2つ目の寸法上でカーソルを動かして配置します。矢印が表示されますので、矢印が1つ目の寸法の始点の方向に向いている状態(1つ目の寸法の始点がハイライト表示された状態)で左クリックします。これで、3つ目の寸法の始点が指定されます。
    3つ目の寸法の始点の指定
  9. 3つ目の寸法の終点の位置を左クリックで指定します。
    3つ目の寸法の終点の指定
  10. 3つ目の寸法が仮挿入されますので、カーソルを動かして配置します。事前定義のピッチの距離の位置にカーソルを置くと、一時作図補助線が表示されます。左クリックで挿入します。
    寸法の配置
  11. 並列寸法を挿入できました。Esc キーを押して終了します。
    並列寸法の挿入完了

直列寸法の記入

  1. メニューバーの「オブジェクト」>「描画」>「スマート寸法」を左クリックで選択します。
    スマート寸法メニュー
  2. 直列寸法の1つ目の寸法の始点の位置で左クリックします。
    1つ目の寸法の始点を指定
  3. 1つ目の寸法の終点位置で左クリックします。
    1つ目の寸法の終点を指定
  4. 寸法が仮挿入されますので、カーソルを動かして、任意の位置に配置し、左クリックで挿入します。
    寸法の配置
  5. 続けて、Ctrl キーを押しながら、1つ目の寸法上でカーソルを動かします。矢印が表示されますので、矢印が1つ目の寸法の終点の方向に向いている状態(1つ目の寸法の終点がハイライト表示された状態)で左クリックします。これで、2つ目の寸法の始点が指定されます。
    2つ目の寸法の始点を指定
  6. 2つ目の寸法の終点の位置を左クリックで指定します。
    2つ目の寸法の終点を指定
  7. 寸法が仮挿入されますので、カーソルを動かして配置します。1つ目の寸法の高さの位置にカーソルを置くと、一時作図補助線が表示されます。左クリックで挿入します。
    寸法の配置""
  8. 続けて、Ctrl キーを押しながら、2つ目の寸法オブジェクト上でカーソルを動かします。矢印が表示されますので、矢印が2つ目の寸法の終点の方向に向いている状態(2つ目の寸法の終点がハイライト表示された状態)で左クリックします。これで、3つ目の寸法の始点が指定されます。
    3つ目の寸法の始点を指定
  9. 3つ目の寸法の終点の位置を左クリックで指定します。
    3つ目の寸法の終点を指定
  10. 寸法が仮挿入されますので、カーソルを動かして配置します。1つ目の寸法の高さの位置にカーソルを置くと、一時作図補助線が表示されます。左クリックで挿入します。
    寸法の配置
  11. 直列寸法を挿入できました。Esc キーを押して終了します。
    直列寸法の挿入完了