VariCAD サポート情報

3D ビューを正接エッジ(曲げ線)を描画しない 2D 図面に変換したい

    ※この例では、3D ビューを、正接エッジ/曲げ線(下図参照:赤枠内の線)を描画しない 2D 図面に
    変換する方法を説明します。デフォルトの設定では、正接エッジは描画される設定になっています。

     

  1. メニューバー内にある、「オブジェクト」>「3D ビューから 2D 図面」を左クリックで
    選択します。
  2.  

  3. 「3D ビューから 2D を作成します」ウィンドウで、「2D の接線の接続線:」オプションにある
    「接線の線を描画しない」にチェックを入れ、「OK」を左クリックします。
  4.  

  5. 2D 描画画面に 2D オブジェクトが仮挿入されますので、任意の位置に配置し、
    「3D ビュー(複数可)の挿入」ウィンドウにある、「挿入」を左クリックします。
  6.  

  7. 正接エッジが描画されていない投影図が挿入されました。

 

※正接エッジの線種を変更したい場合は、次の手順を行います。

  1. メニューバー内にある、「オブジェクト」>「3D ビューから 2D 図面」を左クリックで選択します。
  2.  

  3. 「3D ビューから 2D を作成します」ウィンドウで、「2D の接線の接続線:」オプションにある
    「指定した線の属性を使用して接線を描画する」にチェックを入れ、「線の属性」を左クリックします。
  4.  

  5. 「レイヤー」ウィンドウで、任意の線種を左クリックで選択し、「OK」を左クリックします。
    レイヤーを新規作成したい場合は こちら の手順 1 ~ 4 をご参照ください。
  6.  

  7. 「3D ビューから 2D を作成します」ウィンドウに戻り、「OK」を左クリックします。
  8.  

  9. 2D 描画画面に 2D オブジェクトが仮挿入されますので、任意の位置に配置し、
    「3D ビュー(複数可)の挿入」ウィンドウにある、「挿入」を左クリックします。
  10.  

  11. 任意の線種で正接エッジが描画された、投影図が作成されました。