VariCAD サポート情報

ソリッドをアイソメビュー表示にし、2D 図面に挿入したい – VariCAD 2018 新機能

アイソメビューは、立体を斜めから見た図を表示し、等角投影図で表示します。
X、Y、Z 軸がそれぞれ等しい角度で 120度間隔で見える角度でソリッドを投影します。

※3D 描画画面でのアイソメビューの表示方法
メニューバー内にある「表示」>「標準ビュー」>「アイソメビュー1」または「アイソメビュー2」を
左クリックします。

 

アイソメビュー 1 は Y 軸反時計回りに表示が回転し、アイソメビュー 2 は時計回りに回転します。

アイソメビュー 1

アイソメビュー 2

 

※アイソメビューを 2D 図面に出力する方法

  1. 上記のアイソメビューの表示の状態で、メニューバー内の「オブジェクト」>
    「3D ビューから 2D 図面」を左クリックで選択します。
  2.  

  3. 「現在のビューから 2D 図面を作成する」オプションを左クリックで選択します。
    「OK」ボタンを左クリックします。

  4.  

  5. 2D 描画画面に切り替わりますので、任意の位置に投影図を移動させ、「挿入」ボタンを
    左クリックします。
  6.  

  7. アイソメビューが挿入されました。