VariCAD サポート情報

溝を持つ円筒ソリッドを作成したい

  1. 「3D空間でのソリッドの外形のスケッチ」アイコンを左クリックします。
  2.  

  3. 「空間XY軸による描画(スケッチ)平面」を左クリックで選択します。
  4.  

  5. メニューバー内にある「表示」>「ビューに対して垂直な面」を左クリックし、
    描画平面のビューをXY 軸に切り替えます。
  6.  

  7. メニューバー内にある「オブジェクト」>「作図補助」>「縦/横作図線」>「単線 横」を
    左クリックで選択します。
  8.  

  9. XYZ 軸の挿入点(0,0)を左クリックで選択します。
  10.  

  11. 横の作図線が挿入されます。
  12.  

  13. 下記の様にプロファイルを描きます。
  14.  

  15. 何もない空間で右クリックし、オプションを表示させます。
    オプションより、「ソリッドの作成方法を定義」>「フル回転、複数プロファイル」を
    左クリックで選択します。
  16.  

  17. 「フル回転、複数プロファイル」ウィンドウで、「スケッチ平面の数」欄に値を入力し、
    「OK」を左クリックします。
  18.  

  19. 「ソリッドプロファイル作成」ツールバーにある「OK」を左クリックします。
  20.  

  21. 3D 描画画面にソリッドが仮挿入されますので任意の位置に配置し「3Dの位置」ツールバーにある
    「OK」を左クリックして挿入します。
  22.  

  23. ソリッドが作成されました。
  24.  

  25. 次に、溝の位置を変更し、溝を変形します。
    まず、ソリッドを右クリックし、オプションから「形状の編集」を
    左クリックで選択します。
  26.  

  27. XYZ 軸を右クリックし、オプションから「複数の描画平面」を左クリックで選択します。
  28.  

  29. 「描画(スケッチ)平面」ウィンドウで、編集する描画平面を右クリックで選択します。
    この例では、「3描画平面」を選択します。
    オプションより「アクティブな平面」を左クリックで選択します。
  30.  

  31. 下記の赤枠内の溝の部分を右に移動するように編集します。
    編集する平面が表示されない場合は手順3の操作で表示ビューを切り替えてください。
  32.  

  33. 下記の様に、溝の部分を移動したプロファイルに編集します。
    編集後、「2Dプロファイルの編集」ツールバーにある「OK」を左クリックします。
  34.  

  35. 3D 描画画面に切り替わります。
    カーブの溝がついた円筒ソリッドを作成できました。