VariCAD サポート情報

ソリッドの表面をロフト方向に接線にしたい – VariCAD 2017 新機能

  1. メニューバー内の「オブジェクト」>「2D プロファイルからソリッド作成」>
    「複数のプロファイルのロフト」を左クリックで選択します。
  2. tangent_loft1

     

  3. オプションメニューが表示されますので「空間 XY 軸による描画(スケッチ)平面」を
    左クリックで選択します。
  4. tangent_loft2

     

  5. 3D スケッチモード画面に切り替わります。メニューバー内の「表示」>「ビューに対して
    垂直な面」を左クリックで選択します。
  6. tangent_loft3

     

  7. 「長方形」アイコンを左クリックします。
  8. tangent_loft4

     

  9. 長方形を描きます。Esc キーを押します。
  10. tangent_loft5

     

  11. XYZ 軸を右クリックします。オプションから「2D オブジェクトを含めて描画平面をコピー」を
    左クリックで選択します。
  12. tangent_loft6

     

  13. 新しい描画平面に切り替わりますので、XYZ 軸を動かし、ソリッドを描画します。右クリックで
    描画を終了します。
  14. tangent_loft7

     

  15. XYZ 軸を右クリックします。オプションから「ベースまたはトップ平面方向からの接線」を
    左クリックで選択します。
  16. tangent_loft8

     

  17. 「ベース/トップからの方向の接線」ウィンドウで「ベース平面からのロフト方向の接線」
    オプションにチェックを入れます。表面形状が下記のように、接線になります。
  18. tangent_loft9

     

  19. 「トップ平面からのロフト方向の接線」オプションにもチェックを入れると、下記の様な
    形状になります。「OK」を左クリックします。
  20. tangent_loft10

     

  21. 「ソリッドプロファイル作成」ツールバーにある「OK」を左クリックします。
  22. tangent_loft11

     

  23. ソリッドが 3D 描画画面に仮挿入されますので、XYZ 挿入軸を使用してソリッドを任意の位置に
    移動し、「3D の位置」ツールバー内の「OK」を左クリックします。
  24. tangent_loft12

     

  25. ソリッドが作成されました。
  26. tangent_loft13